NPO法人 祖父江のホタルを守る会

 

稲沢市内・近郊の小学校や中学校、高等学校、及び、施設、研修会、講演会にて「出前形式の授業」を開いています。<br>祖父江の自生ヘイケボタルを通じて、生徒・学生さんにこの地区の自然を守る大切さを考えてもらえたらと思っているからです。<br> 市内・近郊でご希望があれば可能な限り出かけていきますので、お気軽にお問合せください。 稲沢市祖父江町の自然の中を、ご一緒にゆっくりゆったり歩きましょう。<br>
時には予想もしない発見があるかもしれませんが、でも、ご心配なく。<br>
自然観察会では、あなたのそばにいつも、経験豊かな「指導員」と、素敵な笑顔の仲間がいます。 稲沢市祖父江町は、農業用水路232km、排水路123kmによって、町内全域を縦横に水路が張り巡らされています。<br>
調査目的は、「ホタル生息域の実態調査」、「下水道整備後(農業基盤整備事業地域を含む)の追跡調査」の二点です。

 

昨夜、台風通過直後に実験田を見たときは、排水路もあふれ返り稲の背丈の半分まで浸水していました。 稲は倒伏とまでは言わなくてよいかなと、暗い中で見ていました。 今朝の状況です。 今回の風は北西方向から。 稲はそれを示すように、みんな南南東方向に「会釈」しています。 一部は軽くお辞儀です。 続きを読む
無い、どう見ても無い! 注連飾り作りの講座用にと、 稲株を少し提供したのが、9月2日 10日経って よく見たら・・・ 稲の切り株が消えている!(9/11撮影) 続きを読む
9/2 10:00~12:00 事業助成の採択を受けている「あいち森と緑づくり環境活動・学習推進事業」の現地視察がありました。 今年は、新たにスタートした「ホタル里親プロジェクト」を中心に里親第一号の「愛厚はなのきの里」でその様子を説明し、見ていただきました。 続きを読む
8月も今日で終わり、もう9月、長月(ながつき)です。 長月とは、 「夜長月(よながつき)」の略であるとする説、 「稲刈月(いねかりづき)」が「ねかづき」となり「ながつき」となったという説、 「稲熟月(いねあがりづき)」が略されたものという説 があるそうです。 ところで実験田の稲、今年はまた格別きれいで元気そうです。 続きを読む
激暑のこの頃如何お暮らしですか? 久方ぶりに実験田を訪れました。 台風の余波に、稲が揺れていました。 風に押される度に、葉裏が翻って白く輝いていました。 丁度、風の通り道なんですね。 ワサワサ・・と風が抜けると、一斉に稲穂が佇立します。 寄せては返す波頭のように、風と戯れているようでした。 続きを読む
祖父江のホタルも8月に入ってからは全く見なくなりました 観測も終わりにしようと思いますがs17(石置き場)では今年生まれた?と思われる幼虫が光っていました 実験田は今のところ順調に育っていると思います 今日実験田で見たトンボとメダカの写真を撮りました 続きを読む
さて、8月例会を、いつもの如く第2土曜日に行います。暑い中ですがご参加くださるようご案内いたします。(体調を十分考慮してください) 日時:8月13日(土) 午後1時30分~/場所:祖父江町勤労青少年ホーム1F 洋裁室 (~2時30分頃)~その後、実験田に移動 (~ 3時30分頃) 続きを読む
1 2 3 37

 

 

 

ホタルのWebリング


稲沢市祖父江町の銀杏をはじめとした四季の味わいの織りなす名産物・特産品が集う当地のショッピングポータル「そぶえシンフォニア」です。ホタル米もお求めいただけます。
リアルをロールプレイしよう!


・水田魚道とゆりかご田んぼ

私達がそう名付けたのは、この稲沢市祖父江町の地が生命の巣立ちのまさしく楽園であって欲しいという願いから。愛知県の要請により、「里地里山里海生物多様性啓発事業」として、水田地域の生物多様性を保全する「水田魚道」を牧川南部浄化センター脇の排水路と田圃を結んで設置しました。さまざまな生態系を観察することができます。

詳しく

・ホタルの生息調査

祖父江の自生ヘイケボタルの生息調査

稲沢市祖父江町内の数十箇所の地区について、ホタルの形態別生息場所数の変化、水田の取水口の方角とホタルの発生数の関係、水田の取水口の方角とホタルの発生する畦の向きの関係、そして、ホタルの生息が途絶えたエリアではその消失の原因分類を考察しています。

詳しく

・水質・底生生物調査

水質・底生生物調査

稲沢市祖父江町は、農業用水路232km、排水路123kmによって、町内全域を縦横に水路が張り巡らされています。このうち、宮田用水の水質レベルは木曾川と同質と予備調査で確認したので、対象を排水路に絞りました。調査目的は、①ホタル生息域の実態調査、②下水道整備後(農業基盤整備事業地域を含む)の追跡調査の二つです。

詳しく

・畔の草刈り活動

畔の草刈り活動

除草剤による畦の土壌が貧相になってしまうことは、ホタルの生態サイクル(幼虫→蛹→成虫)を考える上で非常に深刻な問題です。そのため、重要拠点を拠点を抽出し、地主様やオペレーターさん達のご理解・ご協議の上、年間計画(別表)を作成し、ボランティアで畦の草刈り活動を行っています。

詳しく

・出張環境教室

出張環境教室

稲沢市内の各小学校や中学校、高等学校にて「出前授業」を開いています。 生徒さんにこの地区の、自然を守る大切さを考えてもらえたらと思っているからです。 年々少なくなっている祖父江のホタルですが、絶滅したらおしまいです。 ご希望があれば、学校まで出かけていきます。もしよろければ、お問合せください。

詳しく

・自然観察会

自然観察会

予約も、会費も要りません。(自然を愛する気持ちが大切です)駐車場で立っているひとに、「観察会ですか?」と声を掛けてみてください。 「指導員」が居ますので、この地域の予期しない発見が楽しめます。お子様とご一緒に、お友達どうし、またはお一人でもお気軽に参加してください。

詳しく

・ホタルの観察会

ホタルの観察会

年に一度、6月の下旬ごろに、ホタルの観察会を開いています。祖父江のホタルを観察して、自然を守る大切さを考えてもらえたらと思っています。 年々少なくなっている祖父江のホタルですが、遠方より来ていただく方々にも 気持ちよく観察していただけるよう、「定員」を設けて実施しています。 是非ご参加ください。

詳しく

・祖父江イチョウまつり出展

祖父江イチョウまつり出展

私達の活動を知ってもらうため、祖父江町のイチョウ祭りに出展しています。毎年、11月の下旬に行われます。 もしよろければ、ご参加ください。  

詳しく