NPO法人 祖父江のホタルを守る会

実験田(仮称)プロジェクトのご紹介

title-jikkenden01 環境保全型水田(実験田)での取り組みについてご紹介いたします。 ※現在、名称を検討中の為、(仮称)と表記しています。

■背景と経緯

このプロジェクトは、2012年に立ち上がり、新しく2013年度から正式に取り組みを開始しました。 当地、稲沢市祖父江町の自生のヘイケボタルは、その生息数も生息地域もどんどん減少の一途をたどっています。 (当会の実地での自生ヘイケボタルの生息数調査をもとに考察しています) かつて群れをなして泳いでいたメダカは、今やなんと絶滅危惧種に指定されています。 そういえば、カエルの鳴き声もずいぶん静かになりました。 赤とんぼも昨年は特に見受けられませんでした。 このように、特に水辺・水田を住処にしている生き物たちが著しくその姿を消していっています。 中には、もうすでに何年も見受けなくなったものもたくさんあります。 タガメ・タイコウチ・ゲンゴロウ・ミズスマシなどがそうです。

「なぜこんなふうになってしまったのか?」 それは一つには農薬(殺虫剤・殺菌剤・除草剤)のせいだと言われてきました。それは確かです。昭和40年前後に強い農薬が使われたときに、はっきりとその現象が現れました。その後、農薬の規制ができ、確かに一部の生き物は復活し生き残っています。でも、“安全性が高い”といわれる農薬でも、それは特定の生き物に対することであって、他の多くの生き物には大きな影響があるかもしれません。また、農薬のある種の成分が複合的にはたらいて、内分泌かく乱(環境ホルモンによるかく乱)が起こってしまっているかもしれません。最近の研究でわかってきたことですが、ある“優秀”な除草剤が実は赤とんぼのヤゴが羽化するのを妨げていたという実例があります。

そこで、私たちは、できるだけ農薬に頼らない(無農薬)水田で、生き物(もちろんホタルも含めて)の生息のようすや変化を調べてみようということにしました。 そして、これにあわせて、自生ヘイケボタルが安全に自由気ままに飛びまわる水田で、実際の“農”としての生業が成り立つかどうか?の実験も同時に進めてみようという計画です。 それは、いかに環境にとって理想的で出来た米も安全でおいしいものであっても、農業として適切な利潤が確保されなければ、良いことはわかっていても長続きするはずがないからです。 未来へ繋げていくためには、水田そのものの進化にも目を向けていくことが重要と私たちは考えています。

■この実験田でこれからどんな取り組みをするか?

 

jikkenden-map-v0.2

実験田 見取り図と概要(クリックで拡大表示)

 

・実験田の造成と管理

まず今年スタートする実験田は、約2400㎡(80m×30m)の広さです。 その水田内に、魚溜り水路(幅50cm・深さ水田面から45cm・長さ70m)を造成しました。 現在の土地改良によって造成された用排水分離型の水田においては、たとえ水田で産まれ育った生き物がいても、夏の「中干し」などによる落水のとき、多くの生き物が一気に排水路に流されて二度と元の水田にもどることができないのです。 特にメダカやフナなどの魚類にとっては厳しい環境です。 これを少しでも水田に留めておこうというのが、水田内魚溜り水路です。 特に冬場には水田は土ぼこりが立つほど完全に乾田となり排水路の水も枯渇する圃場環境では、ほとんどの生き物が生息できませんが、少しでもこれを救おうとする命の水路でもあります。 また、水稲栽培(米作り)に際しては、農薬(殺虫剤も除草剤も)を使わず、さらに化学肥料ではなく有機肥料分による栽培を試みます。 夏季には畦畔(あぜ)にはさまざまな草が映えることでしょう。 水田内にはイネのための肥料分を奪い取る水田雑草がはびこることも予想されますが、これらを手で(物理的に)刈り取ったり取り除いたりするなどの作業もする覚悟です。 ちまたで議論の続く「チェーン式除草機」についてもテストを開始しています。 無農薬栽培のイネのすばらしい特色があることは確かです。 手間とコストをも考えながら、数年続けてみて、無農薬・有機栽培の術・智慧を学んでみたいと思います。

・実験田での生物調査

実験田では、どんなイネの成育状況が見られるか定期的に観察・調査をします。 当会でこれまで実施してきた自然観察会も部分的にこちらにシフトしていく予定です。 また、近隣の慣行農法による水田との比較もしてみます。 また、水田内の生き物の様子はどうか、いくつかの指標生物を中心に定期的に観察調査をし、経年変化を見てみます。 これも近隣の慣行農法による水田との比較をします。

※このプロジェクトは、私たちの会だけのものとするのではなく、ねらい・志を同じとする他の団体・個人、例えば“とんぼの会”“メダカの会”他の“ホタルの会”などと協働し研究・研鑽するという、夢と希望をもっています。 この実験田でのホタルの復活自生を含む生物多様性の復活と安定、有機・無農薬水稲栽培の技法の取得など、成果が現れるのは少なくとも3年はかかると予想しています。時間はかかりますが、経年変化をまとめていろいろ考察してみたいと考えています。

 

・実験田での水・土壌調査

当会がこれまでに過去数年にかけて長年にわたり実地で調査、収集した稲沢市祖父江町各地の水田・水路での調査データがあります。 それを参考・根拠にしながら、有機・無農薬による実験田の水質などの調査を進めます。

今後数年の間に、施肥法の工夫や挑戦などにより変化があるかもしれません。 イネの成育などと関連させながら考察を勧めてみたいと思います。

・原生ホタルの種の保存

この実験田の場所では、平成25年から遡ること数年前において残念ながらホタルの飛翔は観察されなくなりましたが、平成24年、約100~200m離れた水田での生息が確認できました。 「今年、この実験田にそのホタルが飛んでくるでしょうか?」 期待はしていますが、今の段階では何とも申し上げることができません。 近隣に元気に飛翔する成虫から卵を採取して、孵化した幼虫を水田内魚溜り水路に放流し、そこに生息し続けることができるか観察する計画も用意しています。 自然自生している祖父江地区といえども、多くの地点で消滅が進んでいる現在、“祖父江種”の保存は急務となっていると考えるからです。

※これらの調査・研究・運営にあたっては、岐阜大学 応用生物学部 水利環境学研究室の指導を受けながら協働研究を進めます。また、名古屋文理大学の支援・指導を受けたり、稲沢高等学校との協働調査を勧めたりしながら推進していきます。現段階ではまだ正式に決定していませんが、愛知文教女子短大の総合研究所との協働研究も考えています。また、この企画・実践を市内小中学校の学習にも貢献したいと各学校へのお知らせもしています(これまでも市内の数校で環境学習を担当)。実験田の取り組みは稲沢市教育委員会の後援を受けています。

※このプロジェクトのさらなる夢ですが、それは、この実験田近辺の排水路などにおける生物多様性の復元、さらには、この地域の水系の環境保全・復元ネットワークの構築です。そして、豊かな自然環境の保持・復元ができ、そこで産まれる安心安全な食材の供給と農の生業の両立ができたら、衰退の可能性があるこの地域の元気づけができる・・・これは見果てぬ夢でしょうか?しかし、それに向けた少しでも明るい資料が残せればと思っています。まずは、若い世代に少しでも想いが伝わることが現実的な夢なのです。

 

・実験田の狙いと祖父江の自生ヘイケボタルの基礎知識

  • ホタルの中でも、祖父江のホタルは自然自生の「ヘイケボタル」
  • ヘイケボタルの生息場所は、主に水田、そして周辺の浅い水路 (ホタルの生活史の中で、畦などの土の駆け上がり部が必要:U字溝等は不適)
  • ヘイケボタル(幼虫は水生)の餌は、水田等に棲むタニシ類・モノアラガイ等の巻貝 (一方、ゲンジボタルは清流にすみ、餌はカワニナ) ※実は、ホタルの仲間の幼虫は、陸生のものがほとんどで、ヘイケ・ゲンジボタルは別格)
  • ホタルの生息(ホタルを守る)には、農薬問題の他、水田の水利環境が重要 (ホタルの越冬は、終齢幼虫であり水生…冬の水分がカギ。これはゲンジボタルも同じ)
  • 故に、ホタルが自然自生するには、水田での稲作の方法と深いかかわりがあり、農薬(殺虫・殺菌・除草剤)の使用・化学肥料の多用との因果関係がある。 つまり、無農薬・有機栽培が最適。 そしてもう一つ、理想は田んぼの冬季湛水。(ヘイケボタルは水生の終齢幼虫で越冬)
  • 稲作従事者は、作業効率・米の収量確保などから、農薬使用から離れられない現実と認識がある。 (大規模経営では、作業の適時性と効率の実情もある。)
  • ゆえに、ホタルを守る=豊かな自然環境の保全であり、無農薬・有機栽培が理想。 無農薬・有機栽培・(特別栽培)が農の生業として成り立つのではないか(農業ベンチャービジネスの可能性)を実証したい。 (これが成り立たない限り、水田のホタルは限りなく絶滅に向かう)
  • 水利環境を整え、無農薬・有機栽培をすれば(実験田)、水田除草などの手間はかかるが、水田における見事な生物多様性が確実に具現し、老若男女感動請け合い!すべての話はここから始まる? ホタルの保全もここから始めると良いと思う。 教育委員会の後援、岐阜大学応用生物科学部・名古屋文理大学の研究支援も得ました。
  • 夢は・・・夏の宵にホタルが舞うような豊かな自然環境の復活 豊かな自然の中で、生き物とふれあうことの楽しさ・素晴らしさを伝えること。 そんな中で、良い食材の生産ができて生業も成り立ち、楽しく生活できること。 そして、衰退の可能性が大きい祖父江の地の活性化につなげたいということ。

 

ホームヘ戻る

 

 

 

 

ホタルのWebリング

稲沢市祖父江町の銀杏をはじめとした四季の味わいの織りなす名産物・特産品が集う当地のショッピングポータル「そぶえシンフォニア」です。ホタル米もお求めいただけます。
リアルをロールプレイしよう!


・水田魚道とゆりかご田んぼ

私達がそう名付けたのは、この稲沢市祖父江町の地が生命の巣立ちのまさしく楽園であって欲しいという願いから。愛知県の要請により、「里地里山里海生物多様性啓発事業」として、水田地域の生物多様性を保全する「水田魚道」を牧川南部浄化センター脇の排水路と田圃を結んで設置しました。さまざまな生態系を観察することができます。

詳しく

・ホタルの生息調査

祖父江の自生ヘイケボタルの生息調査

稲沢市祖父江町内の数十箇所の地区について、ホタルの形態別生息場所数の変化、水田の取水口の方角とホタルの発生数の関係、水田の取水口の方角とホタルの発生する畦の向きの関係、そして、ホタルの生息が途絶えたエリアではその消失の原因分類を考察しています。

詳しく

・水質・底生生物調査

水質・底生生物調査

稲沢市祖父江町は、農業用水路232km、排水路123kmによって、町内全域を縦横に水路が張り巡らされています。このうち、宮田用水の水質レベルは木曾川と同質と予備調査で確認したので、対象を排水路に絞りました。調査目的は、①ホタル生息域の実態調査、②下水道整備後(農業基盤整備事業地域を含む)の追跡調査の二つです。

詳しく

・畔の草刈り活動

畔の草刈り活動

除草剤による畦の土壌が貧相になってしまうことは、ホタルの生態サイクル(幼虫→蛹→成虫)を考える上で非常に深刻な問題です。そのため、重要拠点を拠点を抽出し、地主様やオペレーターさん達のご理解・ご協議の上、年間計画(別表)を作成し、ボランティアで畦の草刈り活動を行っています。

詳しく

・出張環境教室

出張環境教室

稲沢市内の各小学校や中学校、高等学校にて「出前授業」を開いています。 生徒さんにこの地区の、自然を守る大切さを考えてもらえたらと思っているからです。 年々少なくなっている祖父江のホタルですが、絶滅したらおしまいです。 ご希望があれば、学校まで出かけていきます。もしよろければ、お問合せください。

詳しく

・自然観察会

自然観察会

予約も、会費も要りません。(自然を愛する気持ちが大切です)駐車場で立っているひとに、「観察会ですか?」と声を掛けてみてください。 「指導員」が居ますので、この地域の予期しない発見が楽しめます。お子様とご一緒に、お友達どうし、またはお一人でもお気軽に参加してください。

詳しく

・ホタルの観察会

ホタルの観察会

年に一度、6月の下旬ごろに、ホタルの観察会を開いています。祖父江のホタルを観察して、自然を守る大切さを考えてもらえたらと思っています。 年々少なくなっている祖父江のホタルですが、遠方より来ていただく方々にも 気持ちよく観察していただけるよう、「定員」を設けて実施しています。 是非ご参加ください。

詳しく

・祖父江イチョウまつり出展

祖父江イチョウまつり出展

私達の活動を知ってもらうため、祖父江町のイチョウ祭りに出展しています。毎年、11月の下旬に行われます。 もしよろければ、ご参加ください。  

詳しく