NPO法人 祖父江のホタルを守る会

活動の理念と取り組み

ホタルがたくさん生息している所には、多様な環境要素に支えられていろいろな生き物が共生する生態系(生物多様性)があります。つまり、生き物にとってよい環境であり、人間にとっても安全で健康的な環境と言えます。人の心をも癒します。よって、地域の文化や民俗に大きな影響を与えてきました。現在の日本にあって、これからの情操教育・環境教育、さらに環境行政・地方行政政策にまで関連させて考えるべき基本的な事柄ではないでしょうか。

ところが、祖父江のホタルも2000年(平成12)頃から急激に生息数も生息場所も減少しているようです。これは、赤とんぼアキアカネの現象とそっくりです。ともに羽化前水田の中、羽化の時期も田植え後のほぼ同じ時期です。 「土地改良」の用排水分離、冬季の乾田化という水利環境の変化は、水生生物にとっては非常に厳しい環境で、その数は大きく減少しました。 もともと田んぼで産まれ育つメダカが、今や、絶滅危惧種になっているのもうなずけますが、この十年で祖父江のホタル(ヘイケボタル:田んぼのホタル)やアキアカネが激減していることに目を向けてみたいと思います。

○ 豊かな環境とは何だろう・・・

虫の喰った野菜はダメで見栄えのよい野菜を求め、“蚊やり”に蚊取り線香は古くからの文化とはいうものの蚊が一匹部屋に現れたら大騒ぎ、締め切った部屋で電気蚊とりを平気で炊き続ける人がいっぱいです。また、畑地でも畦道でも、草が繁ると“除草”に目が向き、その作業効率から除草剤を多用するなど、目の前の事象そのものや効率に意識が向き過ぎている風潮があります。派生的に何が起こるか、本当に大切にすべきは何かと、みんなが本質を見つめ続ける冷静な目を養うことが大切だと思います。

畑の害虫を駆除しようと殺虫剤を多用すると、その虫が減りますが他の虫も減ります。殺虫剤だけで減るのではなく、例えば、ある害虫が減れば、それを食べていた生き物(それを益虫・益鳥などと言っている)が減ってしまいます。また害虫が増えて殺虫剤・・・、そのうちに生物多様性は失われ、大切な虫例えば自然界のミツバチ類が激減して植物の宮種がうまく実らないなどの現象が起こります。現に、果物栽培には大打撃となっているようです。 また、人畜無害の基準内にある農薬類も残留すれば、また安全基準内にあるいくつかの農薬でも複合的にはたらけば、少なからず影響があると懸念されています。数多ある生き物の中には甚大な影響を受けているものがあるかもしれません。極々微量でも農薬類による内分泌かく乱(環境ホルモン)の影響は、トンボの羽化の阻害現象をはじめ生物界に多く異常も見つかっていますが、このことは生物の一種であるヒト(人間)にとっても他人事ではないはずです。昔よりもひどい花粉症で悩む人、さまざまなアレルギーで悩む人が増えていますが、“関係ない”のでしょうか。 こんな今こそ、私たちの考え方・暮らし方をふりかえり、豊かな自然環境とは何かを真剣に見つめる必要があると考えます。 「生物多様性」というキーワードは、これからの情操教育・環境教育、さらに、環境行政・地方行政政策にまで関連して考える視点ではないでしょうか。私たちは、タバコの受動喫煙を話題にして路上も禁煙にするほどなのですから、これがみんなの話題になれば大きなうねりが生まれることでしょう。

自然環境(生物多様性)について、次のような面から見つめてみたいと思います。

 ○ 日本では、太古から、よく管理された里地・里山があり、そこで多くの種類・多くの数の生物が育まれてきました。そこは食料生産の場・生業の拠点ですが、生物多様性を保ち、その生物多様性によって支えられてきた生業の拠点でもありました。さらに大きくながめれば、農・林・水産業などは、単に食料の供給だけではなく、結果的に、空気や水の浄化・保全・供給、春夏秋冬それぞれに心を癒す美しい景観づくりなど、国土の環境保全に大きな役割を果たしてきたと言えます。    今では、利潤・効率、合理性に目が向き、里地(水田・畑)にも“土地改良”が全国的に施されました。水利の管理がうまくいくようになり、農業の機械化、農薬・化学肥料などの研究も進みました。ふりかえると、実はこれが“生物多様性”の面から見つめ直すべき要素をたくさん含んでいました。 また、若者の第一次産業離れによる従事者の超高齢化それに伴う耕作放棄地の急増という実態も、日本の豊かな自然環境について考えるためには見逃せない要点と言えましょう。

さらに具体的に見れば・・・

 ① 水利と生物多様性

現在の日本のほとんどの水田は、“土地改良”により整備され、かんがい・排水も人工的に管理されており、当祖父江町地区でも、水田へのかんがいは4月~9月の期間に限り、宮田用水からの給水によって完璧になされています。排水もまた、計画的に設置された排水路へ流れ落ちていく構造になっています。これは圃場が生産工場のように合理化された手法であり、生産効率を高めるのに大いに貢献してきました。また、整備された用水路・道路により、地域の防災や生活の利便性等々多くの恵みをもたらしてきたと言えます。    しかし、自然環境、特に生き物の生息の面から見ると、非常に大きな問題が表出してきました。それは、三面コンクリート張りの排水路に落ちた水はもう田んぼにもどることがないことです。そのため、田んぼで生まれ育つメダカやフナなど魚類などに大きな影響が出ています。さらに冬季には、水の供給が止まるために、水田は畑のように乾燥してしまいます。そのため、魚類や水生昆虫はおろか微生物まで多くの生き物の生息にとっては大打撃となっています。

 ② 農薬類と生物多様性

農業における作業は適時に行わなければなりません。圃場の大規模化によって、作業は広範囲を短期間に済ます必要があるため、水田内除草・畦畔除草には、作業効率の面から除草剤に頼らざるを得ない背景があります。また、農業従事者の高齢化もその大きな要因の一つと考えられます。 殺虫剤・殺菌剤も、当面の生産性向上には大変都合のよいものです。農薬類にはいくつかの動植物への直接的影響を審査した基準により規制をされてはいますが、生き物にとってまさに致命的な打撃であるごとは確かです。農薬類の使用は水田の水利環境と共にかかわって、田んぼの生き物にとっては極めて厳しい生息環境となっています。 生き物は1・2種~数種の限られた種類では生存・繁殖は不可能です。土の中にいてその姿は目に見えない有用菌類・その他の微生物、それらはありとあらゆる植物や動物の生息の基盤になっているものですが、それらにも大きな影響があるはずです。生物はその多様性によって互いに支えられています。水田内でも生物多様性が損なわれ、ひいては河川や海、畑地・野原・山地にもその影響はひろがってきているのです。

 ③ 人の認識と生物多様性

このような現象にさらに追い討ちをかけているのは、人の認識の問題があると考えられます。より安全な農薬類に関する研究はなされてはいるものの、長年にわたり農薬類使用に頼ってきたことによる意識の変化(無認識化の傾向)でしょう。そして、食材の見栄えの良さを求めてしまうようになった消費者の認識も大きな背景ではないでしょうか。 もともと、日本の国土は、世界でもまれに見る穏やかで豊かな環境要素をもっています。その特質・恩恵によって生活の糧を得ながら、風土にあった身体を育まれ文化をはぐくんできました。文明の発展、交流のグローバル化の中にあっても、本質を見失うことなく、豊かな発展を目指したいものだと思います。

これから どんな取り組み(活動)をするのか

大きくは、次の3つを柱としています。

① ホタルの生息調査  ② 環境保全型水田(実験田)での取り組み  ※ 実験田プロジェクトへ  ③ 広報・啓発

① ホタルの生息調査について

◇ 経緯(会の設立以来の調査から)   この会では設立以来10年間にわたり、会員が手分けをして祖父江町地区の自然自生ホタル(ヘイケボタル)の生息地域を可能な限りくまなく調べ続けました。そのデータは膨大なもので貴重なものだと思います。約120箇所の各観測地点ごとに経年変化をグラフにしたり、毎年の生息地と消滅地を祖父江町の地図にプロットしたりしてまとめられています。   その結果をみると、地域のみなさんのご協力をいただいてはいるものの、残念ながら生息数も生息地域も、減り続けています。(これらのまとめは、会のホームページをご覧ください)

  生息調査にあたっては、気温・水温・湿度の計測も行われています。また、生息調査とともに、生息地域・消滅地域の水質調査等も続けてられてきました。ロガーを使って、水田の水温・気温等の終日の変化の状況も長期にわたって調べたデータもあります。しかし、生息・生息数の減少・消滅との関係については、もっと分析が必要でしょうが、明確ではありません。同じような慣行農法の水田で、他地域でほとんど消滅したヘイケボタルが、どうして祖父江町地区の一部に今も自然自生してきたのかということと考え合わせても、その答えは明確にはなっていません。

 ◇ これからの調査  生息現状調査は続けます。ただ、これまで、成虫の出現期間には、ほとんど毎夜調べに出かけるという、会員の膨大なエネルギーを要する調査法でしたが、蓄積した大量のデータがあり傾向もつかめたので、今後はもっと効率的な方法とし、新企画の実験田(後述)での調査にエネルギーを回そうと思っています。  水質調査等の生息環境調査については、実験田でのさまざまな取り組みと関連させて進めていきます。その中で、どんな条件が生息に適しているのか消滅のおもな要因は何かを考えていきたいと思います。

 

 

 

ホタルのWebリング

稲沢市祖父江町の銀杏をはじめとした四季の味わいの織りなす名産物・特産品が集う当地のショッピングポータル「そぶえシンフォニア」です。ホタル米もお求めいただけます。
リアルをロールプレイしよう!


・水田魚道とゆりかご田んぼ

私達がそう名付けたのは、この稲沢市祖父江町の地が生命の巣立ちのまさしく楽園であって欲しいという願いから。愛知県の要請により、「里地里山里海生物多様性啓発事業」として、水田地域の生物多様性を保全する「水田魚道」を牧川南部浄化センター脇の排水路と田圃を結んで設置しました。さまざまな生態系を観察することができます。

詳しく

・ホタルの生息調査

祖父江の自生ヘイケボタルの生息調査

稲沢市祖父江町内の数十箇所の地区について、ホタルの形態別生息場所数の変化、水田の取水口の方角とホタルの発生数の関係、水田の取水口の方角とホタルの発生する畦の向きの関係、そして、ホタルの生息が途絶えたエリアではその消失の原因分類を考察しています。

詳しく

・水質・底生生物調査

水質・底生生物調査

稲沢市祖父江町は、農業用水路232km、排水路123kmによって、町内全域を縦横に水路が張り巡らされています。このうち、宮田用水の水質レベルは木曾川と同質と予備調査で確認したので、対象を排水路に絞りました。調査目的は、①ホタル生息域の実態調査、②下水道整備後(農業基盤整備事業地域を含む)の追跡調査の二つです。

詳しく

・畔の草刈り活動

畔の草刈り活動

除草剤による畦の土壌が貧相になってしまうことは、ホタルの生態サイクル(幼虫→蛹→成虫)を考える上で非常に深刻な問題です。そのため、重要拠点を拠点を抽出し、地主様やオペレーターさん達のご理解・ご協議の上、年間計画(別表)を作成し、ボランティアで畦の草刈り活動を行っています。

詳しく

・出張環境教室

出張環境教室

稲沢市内の各小学校や中学校、高等学校にて「出前授業」を開いています。 生徒さんにこの地区の、自然を守る大切さを考えてもらえたらと思っているからです。 年々少なくなっている祖父江のホタルですが、絶滅したらおしまいです。 ご希望があれば、学校まで出かけていきます。もしよろければ、お問合せください。

詳しく

・自然観察会

自然観察会

予約も、会費も要りません。(自然を愛する気持ちが大切です)駐車場で立っているひとに、「観察会ですか?」と声を掛けてみてください。 「指導員」が居ますので、この地域の予期しない発見が楽しめます。お子様とご一緒に、お友達どうし、またはお一人でもお気軽に参加してください。

詳しく

・ホタルの観察会

ホタルの観察会

年に一度、6月の下旬ごろに、ホタルの観察会を開いています。祖父江のホタルを観察して、自然を守る大切さを考えてもらえたらと思っています。 年々少なくなっている祖父江のホタルですが、遠方より来ていただく方々にも 気持ちよく観察していただけるよう、「定員」を設けて実施しています。 是非ご参加ください。

詳しく

・祖父江イチョウまつり出展

祖父江イチョウまつり出展

私達の活動を知ってもらうため、祖父江町のイチョウ祭りに出展しています。毎年、11月の下旬に行われます。 もしよろければ、ご参加ください。  

詳しく