NPO法人 祖父江のホタルを守る会

「実験田へのお客様:6月17日朝、鳥の来訪」と「 実験田看板用丸太切り出しの報告」藤原会員の寄稿

6月17日朝、実験田の北西の畑への来訪鳥です。
雉でしょうか?1羽のみみかけました。

 

s-P1050146

 s-P1050147

 

実験田の看板製作用の木材切り出し作業の報告

s-DSCN0194実験田の看板製作用の木材として、丸太で作ること考えております。
そこで、昨日18日(火)材料の丸太を、遠方の山(許可済み私有林)から切り出してきました。

参加者は六田理事、車館様、わたくし藤原です。
予定どおり無事、木材を実験田西側の通路に仮置きしました。

看板の本体枠の完成までに以下の工程がありますので、今後共ご協力をお願いいたします。
完成日を6月末を目標にしておりますが、天候やその他の都合やと工程上から、7月の第1週以内になることもあり得ます。

今後の工程(各工程は1日単位)は以下の予定です。
作業日は別途ご相談させて頂き、ご協力をお願いします。

  1. 間伐材の皮剥ぎ
  2. 材料の定寸切断、刻み寸法の加工
  3. 関係部品の調達、基礎工事(其台のコンクリート工事)
  4. 組み立て完成

★ 2.と3.は人数によっては同時進行可能です。
★ 事前に看板の主要寸法を決定する必要があります。

最終形状の決定などは近日中にいたします。

<余談ですが、今回状況のご報告>

写真は車館さんが撮ってくれていました。

 DSCN0185

往路は、林道までは順調でしたが、作業道から目的地へは苦労しました。
案内の藤原が道に迷い、2回も反転引き返しがありました。
車館さんの軽トラは荷が無く、後輪が空回りして前進困難となりました。
荷台に六田さんが乗って後輪の空回りを防いでやっと前進し目的地に到着ました。 切り出しの目標は玉切した丸太8本でした。s-DSCN0193
ここで、車館さんが最初の切り倒しの木の根元にお神酒、米、塩をお供えして下さり、山の神様、木の精霊に感謝し、私達の安全を祈願しました。s-DSCN0183

 

 

1本梯子、ロープ、チエンーを使って、3名協力して4本切り倒しました。 チエンソーでの4本の切り倒し、1本目の玉切までは順調でした。s-DSCN0190
ところが、2本目の玉切になったところでチエンソーの点火プラがが破損して、作業中断となってしまいました。s-DSCN0184
結局は3名の手鋸での作業となりましたが、帰りの時刻2時少し過ぎに完了しました。 岐路はおかげさまで順調でした。
藤原車の全走行距離は138kmでした。s-DSCN0182
迷い走行や祖父江支所からの出発をさし引くと。120km位と思います。
参加の皆さん、たいへんお疲れさまでした。

良い経験をさせていただきましてありがとうございました。

 

 

コメントを残す

 

 

 

ホタルのWebリング

稲沢市祖父江町の銀杏をはじめとした四季の味わいの織りなす名産物・特産品が集う当地のショッピングポータル「そぶえシンフォニア」です。ホタル米もお求めいただけます。
リアルをロールプレイしよう!


・水田魚道とゆりかご田んぼ

私達がそう名付けたのは、この稲沢市祖父江町の地が生命の巣立ちのまさしく楽園であって欲しいという願いから。愛知県の要請により、「里地里山里海生物多様性啓発事業」として、水田地域の生物多様性を保全する「水田魚道」を牧川南部浄化センター脇の排水路と田圃を結んで設置しました。さまざまな生態系を観察することができます。

詳しく

・ホタルの生息調査

祖父江の自生ヘイケボタルの生息調査

稲沢市祖父江町内の数十箇所の地区について、ホタルの形態別生息場所数の変化、水田の取水口の方角とホタルの発生数の関係、水田の取水口の方角とホタルの発生する畦の向きの関係、そして、ホタルの生息が途絶えたエリアではその消失の原因分類を考察しています。

詳しく

・水質・底生生物調査

水質・底生生物調査

稲沢市祖父江町は、農業用水路232km、排水路123kmによって、町内全域を縦横に水路が張り巡らされています。このうち、宮田用水の水質レベルは木曾川と同質と予備調査で確認したので、対象を排水路に絞りました。調査目的は、①ホタル生息域の実態調査、②下水道整備後(農業基盤整備事業地域を含む)の追跡調査の二つです。

詳しく

・畔の草刈り活動

畔の草刈り活動

除草剤による畦の土壌が貧相になってしまうことは、ホタルの生態サイクル(幼虫→蛹→成虫)を考える上で非常に深刻な問題です。そのため、重要拠点を拠点を抽出し、地主様やオペレーターさん達のご理解・ご協議の上、年間計画(別表)を作成し、ボランティアで畦の草刈り活動を行っています。

詳しく

・出張環境教室

出張環境教室

稲沢市内の各小学校や中学校、高等学校にて「出前授業」を開いています。 生徒さんにこの地区の、自然を守る大切さを考えてもらえたらと思っているからです。 年々少なくなっている祖父江のホタルですが、絶滅したらおしまいです。 ご希望があれば、学校まで出かけていきます。もしよろければ、お問合せください。

詳しく

・自然観察会

自然観察会

予約も、会費も要りません。(自然を愛する気持ちが大切です)駐車場で立っているひとに、「観察会ですか?」と声を掛けてみてください。 「指導員」が居ますので、この地域の予期しない発見が楽しめます。お子様とご一緒に、お友達どうし、またはお一人でもお気軽に参加してください。

詳しく

・ホタルの観察会

ホタルの観察会

年に一度、6月の下旬ごろに、ホタルの観察会を開いています。祖父江のホタルを観察して、自然を守る大切さを考えてもらえたらと思っています。 年々少なくなっている祖父江のホタルですが、遠方より来ていただく方々にも 気持ちよく観察していただけるよう、「定員」を設けて実施しています。 是非ご参加ください。

詳しく

・祖父江イチョウまつり出展

祖父江イチョウまつり出展

私達の活動を知ってもらうため、祖父江町のイチョウ祭りに出展しています。毎年、11月の下旬に行われます。 もしよろければ、ご参加ください。  

詳しく